気になる病名を検索!

病院検索|家庭医学+薬辞典
健康コラム

原因不明の腸の炎症「IBD」(2)

配信月: 2015/05

●クローン病発症の中心は10-20代の若者
腸の粘膜に慢性的に炎症や潰瘍が起こる病気「IBD(炎症性腸疾患)」の一つとして、国の難病に指定されている「クローン病」。同じくIBDである「潰瘍性大腸炎」と、症状がよく似ています。

発症年齢のピークは10-20代で、若い年代で多く発症しています。国内で登録されている患者は、...

記事編集・制作 (株)法研

注目記事

おすすめ記事

もっと見る →

PICK UPコラム!NEW!!

おすすめコンテンツ

注目記事

1日1回変わる!プレミアムコンテンツ

プライバシーポリシー  |  特定商取引法に基づく表示
利用規約  |  対応機種について  |  お問い合わせ  |  退会